未分類

つぼこってこんな人

つぼこ

はじめまして。

4人の子供を育てる、ワーママナースのつぼこです。自営業で大工をする夫と3姉妹+1BOYと一緒に、都内に住んでいます。

子供にはそれほど興味がなかった私ですが、実際に長女が産まれてみると、子供のことが大好きになって、今では4人の子どもそれぞれに夢中になっています。

フルタイム・時短で働く選択肢

長女出産後、産休・育休を経て、大学病院に復帰しました。フルタイムで勤務していた時期もあったんですが、部署異動や子だくさんに恵まれ、徐々に働く時間を短くしていきました。

でも、そうなればそうなるほど、子供との時間は取れてもお給料が減るばかり。

子供と過ごしている時間がなぜか「もっと働ければ・・・」とどんどん切ない時間になってしまったんですよね。

お金が全てってわけではないですが、子供一人増える度に、かかるお金ってかなりのもの。旦那のお給料も子供の誕生とともに上がることはなく、住宅ローンや子供の学費用の貯金など、どんどん重い重圧で押しつぶされそうになって、苦しい毎日に。

これではだめだ!私も働き方を見直さないと!!

ということで、三女の妊娠をきっかけに、働き方の見直しをし始めました。

そう、ワーママの働き方改革はここから始まったんです。

子供のそばにいるよさ

3女を出産後、家で何か働くことはできないかと思い、いろいろ探してみました。

ポイントサイトでポイント貯めたり、懸賞サイトで応募しまくったり。

でも、微々たるもので、収入と呼べるものにならなかったです。

1日楽天ポイント10ポイントとか。

1日10ポイント、30日で300円。

ないよりはありがたいけど・・・。

フルタイム・時短でぎちぎち働いていたときに比べ、育休中っていうのは、子供と向き合える時間が増えて、子供の精神的安定力が強く、ありがたかったです。

体調が悪かったら無理しないで休むこともできるし、病院にいくことだってできる。早退することになっても、すぐに迎えに行ける。

何より、子供が笑っている時間が多い!!!

(一緒にいる時間が増えるってこともあるけれど)

そんな様子を見ていて、ナースとして働く誇りもあるけれど、もう少し子供に寄り添って働く道を探そう!と決めました。

私にとって、仕事も大事なことだけど、子供といることで私自身の幸せも増えて元気になるっていうのがポイントでしたね。

在宅ワークで働く選択肢

そこでもっと具体的にできることはないかと探し始めました。

そこでふと思い出したのが高校の時の先輩でした。今ではネット業界ではいろいろ有名になっている先輩でした。